高収入・高年収の薬剤師を目指すなら 【転職薬剤師.com】

インターネット研修

インターネット研修(e-ラーニング)

更新年月日:2018/06/03

 

研修会に参加できない忙しい薬剤師の皆さんでも、いつでもどこでもお手持ちのパソコンやスマートフォン、タブレットで学習することができます。
自宅のパソコンだけで「かかりつけ薬剤師」の要件の一つでもある「研修認定薬剤師」の申請に必要な単位が取得可能です。

 

インターネット研修サイト一覧

インターネット研修 一覧

JPALS (ジェイパルス)

平成24年4月1日から開始された、日本薬剤師会の生涯学習システム

ファーマストリーム

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能

メルディカルナレッジ

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。医療教育研究所の運営するe-ラーニング。緩和薬物療法認定薬剤師認知症研修認定薬剤師取得の為の対象講座あり。

認定運動支援薬剤師
(ウエルネスファーマシスト)

医療教育研究所が提供する。認定運動支援薬剤師・ウエルネスファーマシストの専門薬剤師資格取得講座。

MPラーニング

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。株式会社メディセオの提供するe-ラーニング。

副作用診断教育プログラム

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。

日本漢方協会

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。

京都薬科大学

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。
地域包括ケアを担う薬局薬剤師の為のインターネット研修 認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。公益財団法人 杉浦記念財団(スギ薬局グループ)が運営。
JPLearningII 認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。日本調剤監修のeラーニング。
AMEE薬剤師生涯学習プログラム 認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。一般社団法人 医薬教育倫理協会が運営するe-ラーニング。
かかりつけ薬剤師.com 認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。一般社団法人 医歯薬アドバンス365が運営するe-ラーニングサイト。

 

 

 

日本薬剤師会 生涯学習システム

※ 研修認定薬剤師制度との違いはコチラ>>

生涯学習システム

JPALS (ジェイパルス)

平成24年4月1日から開始された、日本薬剤師会の生涯学習システム

 

研修認定薬剤師の取得

※ JPALS (ジェイパルス)との違いはコチラ>>

インターネット研修 一覧

ファーマストリーム

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能

メルディカルナレッジ

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。医療教育研究所の運営するe-ラーニング。緩和薬物療法認定薬剤師認知症研修認定薬剤師取得の為の対象講座あり。

MPラーニング

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。株式会社メディセオの提供するe-ラーニング。

副作用診断教育プログラム

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。

日本漢方協会

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。

京都薬科大学

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。
地域包括ケアを担う薬局薬剤師の為のインターネット研修 認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。公益財団法人 杉浦記念財団(スギ薬局グループ)が運営。
JPLearningII 認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。日本調剤監修のeラーニング。
AMEE薬剤師生涯学習プログラム 認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。一般社団法人 医薬教育倫理協会が運営するe-ラーニング。
かかりつけ薬剤師.com 認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。一般社団法人 医歯薬アドバンス365が運営するe-ラーニングサイト。

 

その他

インターネット研修 一覧

メルディカルナレッジ

認定薬剤師の「集合研修」としての単位が修得可能。医療教育研究所の運営するe-ラーニング。緩和薬物療法認定薬剤師認知症研修認定薬剤師取得の為の対象講座あり。

認定運動支援薬剤師
(ウエルネスファーマシスト)

医療教育研究所が提供する。認定運動支援薬剤師・ウエルネスファーマシストの専門薬剤師資格取得講座。
公認スポーツファーマシスト 公認スポーツファーマシストの実務講習で使用するe-ラーニング。

 

 

 

「研修認定薬剤師制度」と「JPALS」の違いは?

  • 研修認定薬剤師制度
  • 研修会等に参加することによりジェネラリストとして必要な薬学的知識を習得するという生涯学習に取り組む姿勢を評価する制度であり、その評価は「薬剤師生涯研修の指標項目」に対する自己診断という形で自らが認識し生涯学習を継続していくという考え方で、公益財団法人 日本薬剤師研修センターが認定薬剤師証を発行し、その成果を証明する制度。
    「かかりつけ薬剤師」の要件になっています。

  • JPALS
  • 現に習得している薬学的知識をレベル毎に設定されたプロフェッショナルスタンダード(PS:Professional Standard)という383項目の学習目標に照らし合わせ、Webテストにより客観的に評価し、次の学習計画につなげていくことを目的とする公益社団法人日本薬剤師会の生涯学習支援システム。

 

そのため、臨床の場で必要とされるジェネラリストとしての生涯学習の取り組みの成果を「研修認定薬剤師制度」による認定取得と自己診断を継続し、客観的評価方法である「JPALS」により知識レベルをチェックし、その向上を図っていくことが合理的と言えます。

 

日本薬剤師研修センター 「研修認定薬剤師制度に関するQ&A」より

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 初めての方へ 転職のしかた 転身者インタビュー オリジナル無料画像 お問い合わせ