高収入・高年収の薬剤師を目指すなら 【転職薬剤師.com】

不動産投資|薬剤師のための資産形成

薬剤師の不動産投資

薬剤師の方(医療従事者)向けに、資産形成法の一つである『不動産投資』についてご紹介します。
薬剤師にとっては身近で、職場に電話営業が多く来ることから、迷惑・怪しいという印象の持たれやすい不動産投資ですが、実は、投資の中でも銀行からの融資で始められるといった点で堅実リスクの低い投資法です。

 

不動産投資とは?

メリット

デメリット

・利回りが良い
・長期安定収入を得られる
・節税効果がある
・生命保険の代わりにもなる
・銀行融資が利用できる
・インフレに強い

・すぐに売却できない

・家賃の下落リスクがある

・空室リスクがある

・ローンの金利上昇リスクがある

・災害や自殺などのリスクがある

 

不動産投資とは、マイホームを購入するのではなく賃貸用の不動産を購入し、人に貸すことにより賃貸収入を得るものです。
いわゆる大家さんオーナーになることです。

 

 

他の投資との違いは?

一番大きな違いは、銀行融資を利用してできる投資だということです。
株やFXなどでは、銀行はお金を貸してくれませんが、不動産投資にたいしては銀行などの金融機関がお金を貸してくれます。
そのため、1億円の不動産を自己資金0円で購入して、賃貸収入を得ることも可能です。
また、低金利の今だからこそ面白い投資だと言えます。

 

生命保険代わりにもなる?

基本的に銀行からローンを組んで不動産を購入する際には『団体信用生命保険』といわれる保険に加入することになります。
この保険に加入することで、万が一不幸にも死亡したり高度障害になった場合には、ローンの残債務が生命保険により支払われ、残された家族には無借金で相続することができます。
そのため、それ以降も安定した家賃収入を受け取ることができます。

 

サラリーマンでも税金対策になる?

不動産投資をすることにより、所得税住民税が軽減できることがあります。
これは、不動産投資によって生じる、ローンの金利や建物設備の減価償却費や管理費などが必要経費として認められるためです。
その結果、「損益通算」により課税所得が下がり、所得税や住民税が軽減(節税)されます。

 

空室になったらどうなる?

どんな良い物件であっても、入居者の退去によって空室が生まれることがあります。
空室になれば通常はその部屋の家賃は支払われません。
ただ、現在多くの管理会社でサブリース契約といわれる家賃保証をつけることができます。
そのため、空室が生じた時に家賃がゼロになるリスクを避けることもできます。

 

不動産投資をやるなら若いうちに!

不動産投資をする際、多くの場合には銀行からのローンにより不動産を購入します。
銀行からローンを受けるためには『返済終了時点で80歳まで』などの条件がある場合がほとんどです。
また、団体信用生命保険に加入することを考えると健康な若いうちに始めたほうが良いのは言うまでもありません。

 

薬剤師が不動産投資に向いている理由

不動産投資には多くの場合、銀行ローンを利用します。
ただ、銀行は誰にでもお金を貸してくれるわけではなく、しっかり返してくれる人にしか貸しません。そのため、その人の収入や職業、資格なども重要な要素となります。
一般的には公務員や士業といわれる弁護士や税理士等、また大手一部上場企業に勤めている人などがこれに当たります。
そして、専門職である医師や薬剤師などの医療従事者です。
このようなことからも、薬剤師が不動産投資に向いている職種といえます。

 

なぜ薬剤師は不動産投資を敬遠するのか?

薬剤師にとって唯一、営業で勧められる投資であり、直接、仕事場に営業電話が来ることから、「怪しい」「迷惑」と感じ、良い印象がないのが実情だと思います。
また、業者も営業の為ある程度強引だったり、オーバートークをする傾向があり、より怪しいと感じてしまうのです。そのため、ある薬剤師会では、不動産の迷惑電話を断るための対策の文書を出しているほどです。
ただ、これはその業者営業の方に問題があるのであって、決して『不動産投資』自体が怪しいわけではありません。投資としても事業としても決してハイリスクではなく、堅実で安定的な賢い投資法と言えます。
怪しいし怖いと感じる方は、その一方で、不動産会社の社長や不動産を持っている人の話を聞くと、お金持ちや資産家の印象を持つことが多いかと思います。
一部の怪しい不動産を取り扱う業者と、扱う商品である不動産を混同せず、本質を理解することが重要です。

 



 

<実際に購入した物件の一部を紹介>


 池袋(区分マンション):2030万円


 仙台(一棟アパート):9050万円


 京都(区分マンション):1910万円

 

もっと詳しい不動産投資

不動産投資のことを、詳しく知りたい人はこちら!!

 

 

<資料請求でまずは情報収集>

<アパートの資料請求はこちら>

 

不動産投資|薬剤師のための資産形成記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 初めての方へ 転職のしかた 転身者インタビュー オリジナル無料画像 お問い合わせ