高収入・高年収の薬剤師を目指すなら 【転職薬剤師.com】

転職のしかた

転職を考えたら 〜まず初めに〜

 

転職の理由は人それぞれですが、必ず理由があるはずです。
これを分からず「なんとなく・・・」という理由であれば今一度、転職の理由・目的を明確にさせる必要があるかもしれません。

転職をする場合、企業の大小にかかわらず必ず面接・面談があります。
その際、自分の転職理由がはっきりしなければ転職は上手くいきませんし、条件をよりよく引き出すことも難しくなります。
また、自身の目標・目的なしに転職することは将来の人生設計を考えた時にも失敗や後悔につながります。
転職理由の明確化、目標の設定が転職成功への第一歩です。
 
まずは、次のことについて考えてみましょう!

 

 

なぜ転職をするのですか?

理由が前の会社が嫌だからだけでは、面接時や将来のキャリアップの際に困ります。ある程度明確な理由が必要です。

 

現状に対して不満があるのであれば、それは何ですか?

どこの会社に勤めても少なからず不満は出ます。それは転職するべき明確な理由ですか?他社への転職で解決できそうでしょうか?

 

短期的ではなく、長期的な目標は何ですか?

転職によるステップアップやキャリアアップを考える際、長期的な目標が必要です。一時の感情に流されると転職を繰り返すことにもなりかねません。

 

転職する時期はいつですか?それはなぜですか?

転職にも最適な時期やタイミングがあります。そのため、「ボーナスをもらってから辞めたい」などの一時的なものではなく、時期に関してもしっかりと考える必要があります。

 

 

上記について考えた上で、自分には転職が必要だと感じた場合は、詳しい『転職条件』をあげてみましょう。

<転職条件例>

希望年収、通勤時間、労働時間、残業の有無、離職率の高さ、有給消化率、手当や福利厚生について
シフトの休み、門前の科目、在宅の有無、職場の雰囲気、異動の有無  etc

 

では、転職理由・転職条件が明確になったところで実際の転職についてみていきましょう!

 

 

 

〜転職のしかた〜

 

転職における目的や目標がはっきりしたら、その目的のために行動するだけです。

その目的達成のために必要なプランを考え、転職先を探していきます!
「でも転職ってどうしたらいいの?」
「転職会社はどこに登録したら良いの?」
初めての転職では、このような疑問が出てきます。
ただ、何度も転職することはできるだけ避けたいので先ずは疑問をしっかり解決しましょう!
では、転職方法転職会社の選び方、その内容を見てみましょう!

 

転職方法を知る

転職方法は大きく分けて3つ!!

薬剤師が転職する場合には大きく分けて次の3通りの方法があります。

 

@ ハローワークによる転職  

    求人情報の条件をネットやハローワークで確認し、自分で企業に問い合わせ面接をします。
    この場合、前職の給与などは当然考慮されますが個人での交渉となります。
    なかなか個人では、好条件で転職することは難しくなります。
    また、ハローワークでは薬剤師以外の不特定多数の人が閲覧できるため、給与が低めに設定
    されていることが多いように思います。
    その為、余程のことがない限り好条件や高収入での転職は困難となります。
    ただ、募集に費用がかからないため、多くの薬局や病院はハローワークに登録しますので
    決まった地域で探すのでしたら必ず確認したほうが良いでしょう。

>>ハローワークインターネットサービス

 

 

 

A 求人誌などによる転職

    これも基本的には、ハローワークと同じです。
    個人での問い合わせ面接となりますので、交渉能力によって転職条件に差が出ます。
    ハローワークとの違いとしては、求人誌などに薬局や病院が求人をお願いする場合、
    企業は掲載料を支払います。
    それに対し、多くの薬剤師はフリーペーパーなどの求人誌で転職をしないため
    企業側もそれほど掲載に積極的ではありません。
    ハローワークに比べ、薬局や病院の求人は少なくなるでしょう。

 

 

【 おすすめ 】

B 転職・人材紹介会社を利用した転職

    転職・人材紹介会社を利用して転職をする方が最も多いのではないでしょうか。
    また、最も好条件で転職ができる方法でもあります。
    転職会社には大きく分けて3つのシステムがあります。

 

         1、検索サービス

    ハローワークなどと同様に転職会社に登録されている薬局・病院などの求人情報を自宅などから
    検索することができます。

 

        2、コンサルタントシステム

    多くの転職支援会社で導入している一般的なものです。
    転職会社に登録後、コンサルタントとの面談で詳しい条件を伝えます。
    その後、コンサルタントを介して薬局・病院・企業の紹介が行われます。
    そして、忙しい薬剤師のために条件面の交渉や面接スケジュールの調整などをしてくれます。
    他に良い部分としては、プロの立場で個人では聞きづらい薬局の雰囲気や離職率など
    いろいろな情報も代わりに聞いてくれます。
    条件面では、個人よりも交渉能力にたけているため転職希望者の力になってくれるハズです。

 

   3、スカウトメールシステム 

    スカウトメールシステムとは、転職会社に自分の経歴や条件などを登録することにより
    薬局や病院などの人事採用担当が、メールで向こうから「うちに来ませんか?」
    とスカウトしてくれるものです。
    その為、企業もこちらの登録条件などを事前に知った状態で話を聞いてくれることになります。
    また、初めのうちはメールでもやり取りが可能なため個人でも比較的交渉はしやすくなります。
    ただ、コンサルタントシステムよりはスカウトメールシステムを利用している企業の数は
    少なくなる傾向があります。

>>スカウトメールのある転職会社

 

 

   ※ 他に友人・知人の紹介による転職もこの業界では多いのですが、ここでは省略します。

 

転職会社(転職・就職支援サービス会社)への登録

基本的には、現在ある全ての薬剤師向け転職会社は登録無料で行っています。
とりあえず、サイト登録して自分の希望の条件などで検索してみましょう。

>>転職会社への登録はこちら

転職会社からの求人情報の紹介

一般的には、条件に応じて数社の企業の紹介が行われます。
ここであまりに多い数を提示されると判断が難しくなるので、条件に合わない場合に再度お願いするようにしましょう。

紹介先への見学・面接

実際の雰囲気などを見学し、面接により内定、入社となります。
内定をもらった後にも入社しないこともできると書いている転職会社もありますが、
相手に失礼にならないようにしっかり考えた上で面接を受けましょう!

転職成功

 

 

 

当サイトの特徴
   → 初めての方へ
転職会社への無料登録はこちら
   → 転職会社一覧

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 初めての方へ 転職のしかた 転身者インタビュー オリジナル無料画像 お問い合わせ