高収入・高年収の薬剤師を目指すなら 【転職薬剤師.com】

インタビュー後編

仲山 和輝 催眠療法士  昭和45年  北里大学薬学部卒業

 

現在はクリア研究所で施術のかたわら、講演やテレビ番組出演、本の執筆など多方面でご活躍されています。

 

TV出演歴)笑っていいとも、堂本兄弟、天声慎吾、はねるのとびら
     とんねるずのみなさんのおかげでした!  …など他多数

 

今回は薬学部出身で、催眠の第一人者ともいわれる仲山先生へのインタビューです。
薬学部を卒業し、現在は薬剤師以外の業界で働いている仲山先生ですが
その理由は一体どのようなものなのでしょうか。また、成功するためにはどのようなことをされたのでしょうか。
とても興味深い内容です。前編・中編・後編をどうぞご確認ください。

インタビュー日:2009年7月17日

※ 転身・転職者インタビューでは、「薬学部出身者」、「薬剤師資格保有者」でありながら他業種で働いてる方、薬局・病院薬
  剤師以外の働き方をされている方に焦点を当てております。一般的な薬学や薬剤師を否定するものではなく多くの世界や考え
  を知ることにより、薬剤師の新たな可能性や働きを知る可能性になることを目的としております。

 

 

≪後編≫

 

 

満場一致なんて、それだけ先生の催眠のインパクトがあったんでしょうね。
もうそれからは仕事も波に乗っていったのですか?


 

催眠をする順番もよかったんだろうね。
テレビに出た後は、すごいだろうなって期待はしてたけど実際は何も変わらなかったよ。


 

そうなんですか?!
では、その後はどのような仕事をしたんですか?


 

一応、反応が薄かったけど期待して『アサヤン』には3回出たよ。
でも駄目だった。


 

放送時間が深夜だったからですかね?


 

それは良く分からないけどね。
その後、桂三枝がその『アサヤン』を見ていたみたいで、レインボーなんとかって毎日放送の番組から依頼が来たんだ。


 

やっぱり反応ははあったんですね。
じゃあ、それで仕事も波に乗ったんですか?


 

いや、それも3〜4回出たんだけど全然ダメだったよ。


 

本当ですか?!テレビの影響はもっとすごいものかと思ってました。
では、どのような仕事から忙しくなってきたんですか?


 

ダメだなと思ってた時にテレビ局から電話があって、島田紳助の半ドキュメントの番組でヤラセか何かが発覚したらしくて、『ボツになったので先生のも1本入れたい』って言われたんだ。


 

ドキュメントですか。
その後はどうしたんですか?


 

10日かけて番組を作るんだけど、
『10日間拘束させていただくので先生には迷惑かけないように、その分お支払いしますので・・・』
って言われたから金額は分からなかったけど、その時に思ったのが、とりあえず借金できるなってこと。


 

10日間とは結構長いですね。それで借金をされたんですか?


 

とりあえず、その時は100万借金してしのいだよ。


 

結局そのお金はすぐに返せたんですか?


 

あとからギャラが入ったらちょうど100万円だったんだ。


 

さすがテレビですね!!10日で100万ですか。
肝心の反応はどうだったんですか?


 

その番組が始まって3分くらいで、電話が鳴りっぱなしになったよ。


 

そうなんですか?!今回はそんなに反響があったんですね。
今までの番組とは何が違うんですかね?
ドキュメントだからですか?


 

良く分からないんだけどさ。
あまりに電話が鳴るもんだから対応できなくて、その日はそのまま帰ったよ。


 

そんなに凄かったんですか?!
きっと、それほど放送のインパクトがあったんですね。
次の日からは、どのように生活が変わったんですか?


 

次の日からはまるで違ったよ。
朝早くからピンポ〜ンってチャイムが鳴るから出てみたら患者さんで、その後も絶え間なく来たよ。
結局、朝から夜中1時までずっとって感じ。
電話対応もできないほどだから、患者さんの奥さんに電話番をお願いしたりしたよ。


 

付き添いで来た奥さんが電話番ですか!?
でも、その忙しさもある程度したらおさまってくるものですか?


 

いや、それからは毎日そんな感じだったよ。


 

それはすごいですね。
でも、それだけ忙しいのが続いたら体も壊すんじゃないですか?


 

3ヶ月くらいそんな感じで働いたから体にガタがきて、腰も痛めて全然動けなくなっちゃったんだ。
その3ヶ月で売り上げが1千万は超えてたからね。


 

それはすごいですね。
朝から夜中までが毎日続いたら私なら働けないかもしれません。


 

その後は、人を雇ったりもして・・・
キミが知ってるような感じで、波がありながらも今はのんびりとやってるよ。


 

私は先生が有名になってからしか知らないので、そんな苦労があったのは知りませんでした。
やはり成功するのは簡単ではないんですね。
今回は、本当に貴重なお話ありがとうございました。


 

 

 

インタビュー後編では、仲山先生のオーディション後の日々や仕事が波に乗るまでの出来事についてお話しいただきました。
仲山先生は、薬学部を卒業しながら現在は薬剤師としては働いてはいない転身者ですが、現在は催眠療法士として医師とも連携しながら医療の分野に貢献しております。
私たち薬剤師は、医療という分野において医薬品を介し患者さんの健康増進に寄与しているわけですが、医療への貢献を考えた際、方法は一つではありません。
薬学部や薬剤師として学んだ知識や倫理観で、色々な形で患者さんの治療や健康増進にかかわられるのではないかと思います。
2014年4月には、薬局店頭での血液検査が可能になり、2016年4月からは、かかりつけ薬剤師制度がスタートしました。
このように薬剤師の置かれる環境は日々変化しつつあります。そして、これからも薬剤師としての職能発揮や活躍の場は広がっていくことかと思います。
もし、現在の職場や仕事に不満や疑問があるのであれば、もう一度立ち止まって自分のしたいことや目標、そして新たな自身の可能性を探すことをされるのも良いのではないでしょうか。
これから求められる薬剤師は、薬を渡すだけ、知識だけの薬剤師ではなく自分自身で考え行動できる薬剤師だと考えています。
「薬剤師=薬局・病院薬剤師」という先入観にとらわれず、多くのことにチャレンジしていきましょう!

 

>>薬剤師の新たな働きについて考える

 

>>転職会社への登録はコチラ

 

 

 

 

<仲山先生の著書のご紹介>

じぶんでできるプチ催眠ダイエット

関連ページ

インタビュー前編
薬学部を卒業した睡眠療法士でテレビ出演や講演、執筆活動など活躍中の仲山和輝先生のインタビュー記事です。 前編では薬学部を卒業しながらも、薬剤師にならなかった理由など語られています。
インタビュー中編
薬学部を卒業した睡眠療法士でテレビ出演や講演、執筆活動など活躍中の仲山和輝先生のインタビュー記事です。 中編では成功するためのきっかけにもなったテレビオーディションでの出来事について語られています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 初めての方へ 転職のしかた 転身者インタビュー オリジナル無料画像 お問い合わせ