高収入・高年収の薬剤師を目指すなら 【転職薬剤師.com】

インタビュー中編

仲山 和輝 催眠療法士  昭和45年  北里大学薬学部卒業

 

現在はクリア研究所で施術のかたわら、講演やテレビ番組出演、本の執筆など多方面でご活躍されています。

 

TV出演歴)笑っていいとも、堂本兄弟、天声慎吾、はねるのとびら
     とんねるずのみなさんのおかげでした!  …など他多数

 

今回は薬学部出身で、催眠の第一人者ともいわれる仲山先生へのインタビューです。
薬学部を卒業し、現在は薬剤師以外の業界で働いている仲山先生ですが
その理由は一体どのようなものなのでしょうか。また、成功するためにはどのようなことをされたのでしょうか。
とても興味深い内容です。前編・中編・後編をどうぞご確認ください。

インタビュー日:2009年7月17日

※ 転身・転職者インタビューでは、「薬学部出身者」、「薬剤師資格保有者」でありながら他業種で働いてる方、薬局・病院薬
  剤師以外の働き方をされている方に焦点を当てております。一般的な薬学や薬剤師を否定するものではなく多くの世界や考え
  を知ることにより、薬剤師の新たな可能性や働きを知る可能性になることを目的としております。

 

 

≪中編≫

 

 

独立された後は、すぐに仕事は軌道に乗ったんですか?


 

全然だよ。やっと電話が来たと思っても、そういう人は経歴とかを聞くんだよね。
『先生はテレビに出たことあるんですか?』
『どんな仕事をしたことあるんですか?』とか。
でも、なにもないから『ないです』って正直に言うと、そういう人は来なくなっちゃうから。


 

やはり軌道に乗るまでは苦労されたんですね。
それからどうしたんですか?


 

3年目にはお金もスッカラカンになって、本当にどうしようって時にテレビの依頼が来たんだ。


 

急に向こうから話が来たんですか?
タイミングも良かったんですね。


 

うん。向こうからいきなり。
でも、あまり乗り気にはなれなかったんだ。
だけど、その時たまたまアガリ症の患者さんが来てて
そんな患者さんのいる前で自分が『アガリ症なんで』とは言えないでしょ(笑)
すぐに『分かりました』ってOKしたよ。
患者さんもその電話を切った後に
『先生テレビですか?すごいですね〜』って言ってたけどね。


 

またまたタイミングがいいですね。
アガリ症の患者さんの施術中だったのも番組出演決断のキッカケだったんですね。
初めてのテレビ番組はどのような仕事だったんですか?


 

テリー伊藤の事務所からの電話だったんだ。
『アサヤン』って番組だよ。


 

あ〜、知ってます!!
歌番組になる前の「浅草橋ヤング洋品店」時代のアサヤンですね。
それが初めてだったんですか?


 

そうだよ。
その日も、嫌だな〜と思いながら重い足取りで行ったら、私以外にもすでに何人かいたんだよ。


 

え?
どういうことですか?


 

結局はオーディションだったんだよ。
以前、私が催眠を教えてもらうために、話を聞いたことのある先生も来てるし、私なんかダメだ〜って思ったよ。


 

それで、その後はどうなったんですか?


 

テリー伊藤も含めた、スタッフの審査員10人くらいがいて
催眠術師がペアになってオーディションを受けるんだけど、私が組んだ人がその教わろうとしたことのある先生だったんだよ。


 

そうなんですか?!それは、驚きですね。
そのあと、オーディションはどのように進んでいったのですか?


 

最初に審査員に『催眠はどのくらいの人にかけることができますか?』って質問されて、その先生は『誰にでもかけられます!』ってすぐに言うから、さすがはテレビとかに出ている有名な先生だなって思ったよ。


 

それが本当ならすごいですね。


 

もう、いきなりそんな状態で頭もポ〜っとしちゃってるし、相手はこんな有名な先生だしで、もうダメだと思ったよ。


 

そうですよね。
仲山先生が教わろうとしていたくらいの著名な先生ですものね。


 

どっちから始めるかって話になった時、自信もないから『どうぞ・・・』って感じで先生に先にやってもらって自分は後攻にしたんだ。
もう、その時は来たからにはその先生の催眠誘導を良く見て盗もうって感じだったけどね。
でも、始まったら気持ちがガラッと変わったんだよね。


 

どうして気持ちが変わったのですか?


 

その先生の催眠が、『ん?これでかかるの?』って感じだったんだよね。


 

どういうことですか?


 

被験者がすごく緊張しちゃってる感じだったんだけど、先生はそんなのお構いなしって感じで、相手を見ず自分のペースでどんどん進めちゃってるから、先生はそれをわかってるのかなって不思議に思ったよ。


 

実際、催眠はかかったんですか?


 

かからないよ。
それで終わった後に審査員から『どうでしたか?』って聞かれて
その先生は『しっかりかかっていました』って言うんだよ。


 

(笑)


 

でも、みんな『んっ?』って感じだったし先生もプライドがあるみたいで
『もう一人やらせてください』って言ったんだ。


 

次の方は催眠にかかったんですか?


 

かからないよ。
次の女の人は緊張して震えてる感じだったんだけど、同じように自分のペースでやるから、またダメだろうなっては思ったけど。


 

その時も、その先生は催眠にかかったって言ったんですか?


 

うん。かかったって言ったよ。


 

(爆笑)


 

そのころには、緊張でのぼせてから1時間くらい経ってたからもう落ち着いてたよ。人間はそんなに長いこと緊張が続かないからね。


 

それで、次は仲山先生の番になったんですか?


 

いや、その先生が『もう一人やらせてください』って言ったよ。


 

3人目ですね。
随分長いこと待ちましたね。


 

その3人目は、ピクって感じで催眠の誘導が少しあったなって感じがあったんだけど、さすがに審査員もテレビを作るのにその少しピクって反応したくらいで番組を作るのは難しいって思ったんじゃない?


 

確かにそうですよね。テレビ的ではないかもしれませんね。
じゃあ、いよいよ仲山先生の番ですね。


 

早く帰りたいって思ってたし、時計を見ながら『私は、時間がないんで・・・』って感じで『この人でお願いします。』と、さっきの誘導があった人を指したんだ。


 

なるほど。
仲山先生はその時どんな催眠を行ったんですか?


 

まず、その人の緊張を解かないとダメだなって思ったから『緊張したでしょ?』って話して、『はい』ってその人も言うから『水を飲みますか?』って感じで、
スタッフに水をお願いして持ってきてもらって飲ませて・・・
『じゃあ、深呼吸しましょう』
『初めまして』
『握手しましょうか』
この言葉で、握手をした瞬間、その手をぐっと下にやって床につけた後
『はい!もう動けないよ!』って感じで動けないようにしたんだ。


 

それで、その方は動けなくなったんですか?


 

動けなくなったよ。
あとは、時間もないから私はすぐに終わって帰ったよ。
まぁ、ダメだと思ってたんだけど、そのあとに電話で連絡があって
『満場一致で先生に決まりました』って言われて選ばれたんだ。


 

 

>>後編につづく

 

インタビュー中編では、仲山先生が転身に成功し有名になるきっかけにもなったテレビオーディションでの出来事についてお話しいただきました。
今回の中編では、なかなか知り得ないテレビの裏側や、どのような気持ちや考えでオーディションに臨んだかについても語られています。
成功にはキッカケやそれをつかむための行動力が必要なのが良く分かります。また、著名な先生方でも初めは、皆さんと同じように緊張や不安があることが良く分かります。
苦手意識があることを理由にしたり、何かを理由にして現状に不満や問題があっても行動を起こさない方がいらっしゃいますが、転職や転身にはキッカケやタイミングがあります。このインタビューを読まれたことが何かのきっかけになって自身の薬剤師としての働きを見つめなおすキッカケや、職業選択の参考にしていただければ幸いです。
次回のインタビュー後編では、仲山先生がオーディション合格をきっかけにどのように仕事や人生が変わっていったのかについてお話を聞いています。

 

>>薬剤師の新たな働きについて考える

 

>>転職会社への登録はコチラ

 

 

 

<仲山先生の著書のご紹介>

じぶんでできるプチ催眠ダイエット

関連ページ

インタビュー前編
薬学部を卒業した睡眠療法士でテレビ出演や講演、執筆活動など活躍中の仲山和輝先生のインタビュー記事です。 前編では薬学部を卒業しながらも、薬剤師にならなかった理由など語られています。
インタビュー後編
薬学部を卒業した睡眠療法士でテレビ出演や講演、執筆活動など活躍中の仲山和輝先生のインタビュー記事です。 後編では、オーディション後の忙しい日々や現在に至るまでが語られています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 初めての方へ 転職のしかた 転身者インタビュー オリジナル無料画像 お問い合わせ