高収入・高年収の薬剤師を目指すなら 【転職薬剤師.com】

インタビュー前編

仲山 和輝 催眠療法士  昭和45年  北里大学薬学部卒業

 

現在はクリア研究所で施術のかたわら、講演やテレビ番組出演、本の執筆など多方面でご活躍されています。

 

TV出演歴)笑っていいとも、堂本兄弟、天声慎吾、はねるのとびら
     とんねるずのみなさんのおかげでした!  …など他多数

 

今回は薬学部出身で、催眠の第一人者ともいわれる仲山先生へのインタビューです。
薬学部を卒業し、現在は薬剤師以外の業界で働いている仲山先生ですが
その理由は一体どのようなものなのでしょうか。また、成功するためにはどのようなことをされたのでしょうか。
とても興味深い内容です。前編・中編・後編をどうぞご確認ください。

インタビュー日:2009年7月17日

※ 転身・転職者インタビューでは、「薬学部出身者」、「薬剤師資格保有者」でありながら他業種で働いてる方、薬局・病院薬
  剤師以外の働き方をされている方に焦点を当てております。一般的な薬学や薬剤師を否定するものではなく多くの世界や考え
  を知ることにより、薬剤師の新たな可能性や働きを知る可能性になることを目的としております。

 

 

≪前編≫

 

 

仲山先生、本日はよろしくお願いいたします。
早速ですが、仲山先生は薬学部出身とのことですが、現在はどのようなお仕事をされているのですか?


 

一応、「催眠療法士」って言ってるけど、自分で作ったような言葉だからね。
職業欄には、「会社員」って書いてるよ。


 

薬学部を卒業し、現在は異業種で働いているわけですが、薬学部に入るきっかけは何だったんですか?


 

昔から『医・歯・薬』と言ってたけど、医者になる頭はなかったし、行けるのが薬学部だったからって感じかな。


 

特に理由はなかったわけですね。
ただ、薬学部に入ったなら皆さん薬剤師になろうと考えると思いますが、そうは思わなかったですか?


 

昔から医薬分業っていってたけど結局、薬剤師は処方することはできないし医師の下で分業はできないって思ってたし、ダメだなって思ってたから。
私から言わせれば、今は昔よりひどいと思うよ。昔は薬局で患者さんに薬を作ったりしてたからね。


 

そうなんですか?
でも、薬学部に入ったのに薬剤師の資格も取ろうとはしなかったんですか?


 

一応、薬剤師になるつもりはなかったけど、卒業した時に1回は受けたよ。
でも、なる気はなかったから当然落ちて、もう受けなくていいと思ったよ。


 

では、そこからなぜ『催眠』を使用した仕事を始めようと思ったんですか?


 

いきなり催眠を始めたわけじゃないよ。
始めたのは40歳くらいになってからだから遅いんだよ。


 

そんなに催眠に出会ったのは遅かったんですか?
それまでは一体どんなことをされていたんですか?


 

最初は営業の仕事をしてたよ。
一応、薬関係の会社の営業だったよ。
でも、文系でもなれる仕事だから薬剤師じゃないといけないっていう仕事でもなかったしね。


 

その後はどうしたんですか?


 

水商売をしたよ。それは4〜5年くらいしたかな。
でも、それも結局は女の人を商売の道具として使うような感じに嫌気がさして辞めたよ。


 

今度は水商売ですか?!
なんで、急に水商売に行ったんですか?


 

若い時は太く短くみたいな感じで、モテるためにはどうするかって考えていたから。


 

水商売をやめられた後はどのような職業に就いたのですか?


 

金融関係に行ったね。街金だよ。
でも、やっぱり金融はお金ない人から取り立てるわけだから、それが結局向いてなかったんだろうね。


 

そうなんですか。取り立てとか大変そうですしね。
もう、どんどん薬剤師から関係なくなってきましたね。


 

その後は、ディスカウントの時代だと思ってその業界に入って
商品をいくらで仕入れていくらで売るのかとかそういうことにも興味が出て、そんな仕事もしてたよ。


 

色々とされてたんですね。
では結局、催眠にはいつ出会われたのですか?


 

38歳でそういった仕事全てを辞めて2年間就職浪人みたいなことをしてて、
いよいよお金がやばいなって感じになって来た頃、真剣に何かしようと考えた時にパッと『人助け』ってことが浮かんだんだよ。
でも、人助けって言っても自分に何ができるかわからないし、妻に相談したら『いいんじゃない?あなたに合ってると思う。』って言われて。
じゃあ、なに?って聞いたら
『針・灸、マッサージとか』っていうから・・・・
今でも自分がなんて言ったか覚えてるよ。
『嫌だよ!なんでこの年で爺、婆の体を触らないといけないんだよ!』って。


 

(苦笑)
それでどうしたんですか?


 

そのあと、自分なりに考えてた時に『催眠』という言葉が浮かんできたんだ。


 

なんで『催眠』って言葉が急に浮かんだんですか?
一般の人はあまり知らないですし、まず思いつかないと思うのですが?


 

さっきも言ったけど、若い時はモテるためにどうすればいいかって考えてて
心理学とかに興味が出て勉強したりしてた時期があるんだけど、そのころ催眠についても知ったんだ。


 

それからどうやって催眠を学んだんですか?
当時はあまり催眠についても一般的ではなかったんじゃないですか?


 

催眠はそんなに一般的じゃなかったけど本とかはあったから自分んでそれを読んで勉強したよ。
でも結局、本だけじゃ限界があってよく分からなかった。
だから、そのあと催眠を教えてくれるところを探して教えてもらったんだ。


 

教えてくれるところもあったんですね。


 

何箇所か電話して話を聞きに行ったけどなかなかピンとこなくて。
結局は、一人の先生がその後電話をしてきて、その勧誘みたいのに乗った感じだよ。
おだての上手い先生だったから。


 

そこでしっかり勉強したわけですね。


 

いや、実際にお金を払ってみたら、全く教えてくれなくて。


 

それでどうしたんですか?


 

そのうち、先生に患者さんのいるところで急に『じゃあ、やってみなさい』と言われて。
私も人見知りが激しいし頭にカ〜っと血が上って。。。全然ダメだった。


 

先生も人見知りだったんですか?


 

そうなんだよ。
で、結局そのとき先生に言われたのが『君、教わろうと思うな!技術は盗むものだ!』
そのあと、他のスタッフとかに資料ないかって聞いたけどそれもなくて、結局は人見知りだけど治療の場に自分から入って先生の真似をするしかなかった。
先生が話している言葉を一言一句真似するためにテープレコーダーに残して
言葉だけじゃなく声のトーンまでを真似するように電車に乗って通う時とかも聞いてたりしたよ。


 

どのくらい、そこでは勉強したんですか?


 

1年だよ。
1年で更新するかって聞かれたけどお金もないし、そこで教わることはすべて教わったと思ったから『更新しません』って言ったよ。


 

その後はどうしたんですか?


 

すぐに自分で開いたよ。
自信はなかったけどお金もないしやるしかなかったからね。


 

 

>>中編につづく

 

インタビュー前編では、仲山先生に現在の職業に就くまでの理由などをお聞かせいただきました。今回の前編ではだいぶインパクトのある本音のトークがありましたが、中にはこのような形で「とりあえず・・・」という理由で薬学部に入ったり、薬剤師になった方もおられるかと思います。
当サイトは、これを否定や肯定するものではありません。
仲山先生も色々な経験を積んだうえで「人助け」という目的にたどり着いたように、薬学部や薬剤師になったのには必ず何かの意味があるはずです。
医療従事者になった目的・目標をもう一度考える機会になれば幸いです。
次回のインタビュー中編では、仲山先生がテレビなどで活躍するまでの軌跡をたどります。

 

>>薬剤師の新たな働きについて考える

 

>>転職会社への登録はコチラ

 

 

 

<仲山先生の著書のご紹介>

じぶんでできるプチ催眠ダイエット

 

関連ページ

インタビュー中編
薬学部を卒業した睡眠療法士でテレビ出演や講演、執筆活動など活躍中の仲山和輝先生のインタビュー記事です。 中編では成功するためのきっかけにもなったテレビオーディションでの出来事について語られています。
インタビュー後編
薬学部を卒業した睡眠療法士でテレビ出演や講演、執筆活動など活躍中の仲山和輝先生のインタビュー記事です。 後編では、オーディション後の忙しい日々や現在に至るまでが語られています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 初めての方へ 転職のしかた 転身者インタビュー オリジナル無料画像 お問い合わせ